【未来少年コナン第一話(後編)】のこされ島

未来少年コナン【第一話】「のこされ島」動画はこちらです。 → [youtube
※万が一リンク切れの場合は、ページ下部のコメント欄よりご報告ください。

 

【1】未来少年コナン特殊能力シリーズ①:テレパシー

 

テキィとの会話は、ラナの名場面(当ブログの画像引用について
© NIPPON ANIMATION CO.,LTD. 1978

 

アジサシという鳥は、未来少年コナンを見て初めて知りました笑
テキィっていうのは、ラナがつけた名前なんでしょうか。

 

“(コナン)鳥と話、してた?

(ラナ)ううん。でも、心が分かるの。”

 

動物と、心を通わせているのですね。
長年ペットを飼っていたり、動物のお世話をするお仕事をされている方なら、
この感覚が分かるのかもしれません。

 

“(コナン)そっかぁ!だからこいつ、
あの子がいるって、僕を呼んだんだ!”

 

この時点で、コナンもテキィの心が分かるのかな?と思います。
ラナのように、テキィと心を通わせ、「情報を得る」レベルには及びませんが(^^);

 

 

【2】ラナは基本、「お姫様抱っこ」で運ぶ

 

「ラナは軽いなぁ 鳥みたいだ」
© NIPPON ANIMATION CO.,LTD. 1978

 

ラナがよほど軽いのか、
コナンはラナをお姫様抱っこしてダッシュします。

ここでさりげなくラナは「こわ~い」なんてかわいらしく言っています。

ところが、かわいそうなことに、その後ラナは
第六話で、三角塔の外壁からひも無しバンジーをかませられたり、
第二十三話で、炎上して墜落寸前のフライングマシンから三角塔へ大ジャンプを強要されたりしてしまいます。

そのどちらも、コナンが言うことなので断れない状況にあるという理不尽さです(’A`|||)

また、第二十二話で、三角塔の高層階から一枚の板が伸びて、その先端に立たされるという
レプカのいじめにも遭います・゚・(ノД`;)・゚・

ただし、このあたりではすでに、ラナは逞しくなっているので驚きですw(゚o゚)w

 

 

【3】おじいと、モンスリーとの衝突

 

これぞまさに、宮崎駿の描きたかった世界観ではないでしょうか。

 
おじいと、モンスリーとの衝突。どちらにも一理あります。
© NIPPON ANIMATION CO.,LTD. 1978

 

“(おじい)お前たちはまだこんなことをやっているのか。
銃などを振り回しおって。
お前たちはあの大変動に何も学ばなかったのだな!

(クズウ)なにぃ?このクソジジイ!

(おじい)その考え方が世界を滅ぼしたんだ!それが 分からんのかーっ!

(モンスリー)何を言うの。戦争を引き起こしたのは
あの時大人だったあんたたちじゃないの。

(おじい)・・・(むぅ・・・と、言葉に詰まる)

(モンスリー)あたしたちはまだ子供だったわ。
子供が生き残るために どんな苦しい思いをしたか あんたに分かる?
戦争を引き起こして 野蛮人に成り下がった無責任な大人のくせに
あんたに偉そうなことを言う資格はどこにもないわ。”

 

おじいはもともと、インダストリアの人間だったのでしょうか。

ギガントを飛ばして世界征服を試みた側の者であれば、
モンスリーの言い分は分かります。

しかし、おじいも戦争の「被害者」なのだとすれば、
悪者扱いされる筋合いはありません。

ただ、地球脱出のためのロケットの乗組員であったり、
宇宙服を持っていたり、
ロケット小屋の奥に「ロケット弾」を隠し持っていたり・・・。

少なくとも、ハイハーバーの住民とは人種が違うようです。

すでに沈んでしまった5大陸のうちのどこかに住んでいた
先進国の住民でしょうか。

また、第十九話で、モンスリーの生い立ちが挿入されます。

戦争によって幼いころに両親を亡くし、
インダストリアの人間に保護されて育ったという経歴。

冷徹な性格になるのも、無理はありません。

親世代を恨み、インダストリアを目の敵にしても良いはずなのに、
今やインダストリアの行政局次長にまで上り詰めているというのは、
なんとも皮肉です。

 

 

【4】クズウがその引き金さえ引かなければ・・・

 

こいつだけは許せないです(*`Д’)

 
クズウの不意打ちに、おじいがやられてしまう
© NIPPON ANIMATION CO.,LTD. 1978

 

モンスリーの捨てゼリフ「勝手にこの島で朽ちるがいい」の言葉通り、
そのまま去って行けばいいものを、
このクズウの奴、振り向きざまに発砲するんですよね。このシーンは、何度見ても許しがたい。

ドラクエ5で言うところの、「ゲマ」に対する恨みと似ています笑

コナンにとっておじいがどれだけ大切で、唯一無二の存在か、
「あんたに分かる?」(`□´)

 

 

【5】ラナの連れ去り①

 

ラナはいろんな人から連れ去られます。

インダストリアに連れ去られてしまうラナ
© NIPPON ANIMATION CO.,LTD. 1978

 

このラナの連れ去りが、コナンの冒険の始まりとなります。

コナンの生きる目的が「ラナの救助」となり、
某有名な配管工の兄弟と目的が被ります。

それにしても、これだけの濃厚な内容でまだ開始30分、第一話というのは、
衝撃的な展開ですΣ(゚д゚;)

ツカミとして完璧で、
思わず第二話まで続けて見たくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です